Tutorial/MakeobjCmd


MakeObj のコマンド一覧

MakeObj コマンド一覧表以下のコマンドを入力して、Enterキーを押すと実行します。

pakファイルの生成[64版]その1makeobj pak ./ ./詳細
その2makeobj pak ./file ./詳細
その3makeobj pak ./ ./file詳細
その4makeobj pak ./file ./file詳細
pakファイルの生成[128版]その1makeobj pak128 ./ ./64版を参照してください
その2makeobj pak128 ./file ./
その3makeobj pak128 ./ ./file
その4makeobj pak128 ./file ./file
pakファイルのリストアップmakeobj list ./file詳細
pakファイルの結合その1makeobj merge file ./詳細
その2makeobj merge file ./file詳細

pakファイルの生成 その1

このコマンドは、作業フォルダにあるすべてのdatファイルを読み込んで、pakファイルの生成を行います。

makeobj1.png

pakファイルの生成 その2

このコマンドは、作業フォルダにあるすべてのdatファイルを読み込んで、pakファイルの生成を行い、指定したファイル名にpakファイルを結合します。

makeobj2.png

pakファイルの生成 その3

このコマンドは、指定したdatファイルを読み込んで、pakファイルの生成を行います。

makeobj3_1.png

複数のdatファイルを指定する場合は、以下のようにスペースをあけて指定します。

makeobj3_2.png

pakファイルの生成 その4

このコマンドは、指定したdatファイルを読み込んで、pakファイルの生成を行い、指定したファイル名にpakファイルを結合します。

makeobj4_1.png

複数のdatファイルを指定する場合は、以下のようにスペースをあけて指定します。

makeobj4_2.png

pakファイルのリストアップ

このコマンドは、指定したpakファイルの内容をリストアップします。

makeobj5_1.png

複数のpakファイルを指定する場合は、以下のようにスペースをあけて指定します。

makeobj5_2.png

pakファイルの結合 その1

このコマンドは、作業フォルダにあるすべてのpakファイルを、指定したファイル名に結合します。

makeobj6.png

pakファイルの結合 その2

このコマンドは、指定したpakファイルを、指定したファイル名に結合します。以下のようにスペースを空けて、複数のpakファイルを指定します。

makeobj7.png